【代表の小話】花火大会を中継したお話

             

 平素よりラネットをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。代表の吉良です。8月13日、高知市納涼花火大会が開催されました。実に4年ぶりの納涼花火大会。みなさんはどう過ごされましたか?

 弊社では、有志を募り、高知市納涼花火大会のウェブ中継(ライブストリーミング)をしていました。とはいえ、弊社は駆け出しの会社、特にこれといって機材を持っていません。あ、お話を進める前に。

【お詫び】

アーカイブ配信ですが、再加工しましたところ品質が著しく下がってしましました。

申し訳ありません。

復元できそうにないので諦めます。

      

 このあたりのお話も少ししましょう。まずは、弊社の中継体制ですが、現場はこのような感じでした。

 入居しているビルのテラスをお借りして、HDウェブカムと弊社ミーテクスを接続したPCだけを設置していました。ビル内ということで無線LANは自社で出していましたが、花火大会の会場の真横ということもあり、テザリングなどの影響か、電波環境はあまり良くなかったと思います。とはいえ、現場はこれだけです。シンプルでしょう?

 今回の配信には、オープンソースソフトウェアの「PeerTube」を活用しました。フランスの非営利団体Framasoftによって開発される、オンライン動画共有ツールです。YouTubeライクですが、自前のサーバで運用するので、広告や各種の制限を受けることがありません。また、ほぼソースコードをそのまま使うことができるので、開発・運用コストが低減できます。とてもおすすめ。

 そして、その自社PeerTubeサーバに弊社のミーテクスを接続し、ウェブ中継を行っていました。え?ウェブ会議サービスで中継?と思われたかもしれませんが、カスタマイズされたミーテクスはRTMP (Real-Time Messaging Protocol)によるストリーミングが可能です。実はすごいでしょ。そのイメージとしては下記のようなもの。

 主要設備は全て自社設備で賄ったこともあり、良い経験になりました。一方で、カメラはあまり良くなかった様子。(1)会場がそもそも近すぎた(2)ウェブカムでは低照度、閃光が繰り返される場面ではイマイチ、というのがとっても大きな原因。来年はせめて設定を固定できるようなカメラを接続し、画質を良くしたいと思います。更に、ライブ配信後にやってしまった再編集。PeerTubeの映像編集エンジンによる再加工では、何が原因か、画質が大幅に低下してしまいました。ボケるというか、コマ送りになるというか。主要エンジンである「ffmpeg」がそんな悪さするようには思えないのですが。原因がわかるまでもう少し勉強させてください。

 ちょっと長くなってしまいましたが、ご高覧ありがとうございました。せっかくなのでアーカイブ配信は残しておこうと思います。視聴はこちらから。(公開は終了しました)また、PeerTubeのお問い合わせもお待ちしております。次回もお楽しみに。

【代表プロフィール】

吉良元、高知高専専攻科機械・電気専攻から、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程。専門は弱電系(できればデジタルなマイコン)、AI領域、オープンソースソフトウェア。群馬大学医学部附属病院先端医療開発センター助教時代に、コロナ禍における遠隔教育システムを1ヶ月で立ち上げ、医学部生の教育に活用。さらに、コロナ禍の情報共有手段として群馬県と埼玉県の29の病院や機関とも連携させた。それらの経験を基に、故郷である高知県に弊社を立ち上げる。

【代表の小話】ビジネスは熱意!

 平素よりラネットをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。代表の吉良です。

 すごくどうでも良い話なのですが、私の実家はエアコンが一台しかありません。しかも日中は稼働していないという。実家に住んでいる両親は平気そうな顔をしていますが、どう見たって熱中症が気になります。我が親ですから、やはり心の9割は毎日心配しているのです。

 さてさて、そんな私が先日お勉強させていただいたことがあります。

「ビジネスは熱意!」

いい言葉だと思います。

 私は、プロフィールに書いてあるとおり、ずっと技術と教育で生きてきた人間です。ときには外部の業者の方とお話することもあり、「熱い人だなぁ」と感じることがあったのですが、今度は私の番かもしれません。このお言葉は、先日お打ち合わせさせていただいた方のお言葉です。私のトークが下手だった、というのがありますが、「技術的なこともそうだけど、“貴方にこのサービスをおすすめしたい”という熱意を持った人と一緒に行動するのが良いですね。」とのことでした。目から鱗が落ちるとはこのことです。

 どんなにICTが高度になっても、やはり基本は人ですね。弊社は、技術的、金額的に「わかりやすい」を目指して活動させていただいていますが、これからは熱意をプラスして、お話させていただきたいと思います。

 猛暑日に熱い?お話でしたが、ご高覧ありがとうございました。くれぐれも、熱中症にはお気をつけて。それでは、次回をお楽しみに。

【代表プロフィール】
吉良元、高知高専専攻科機械・電気専攻から、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程。専門は弱電系(できればデジタルなマイコン)、AI領域、オープンソースソフトウェア。群馬大学医学部附属病院先端医療開発センター助教時代に、コロナ禍における遠隔教育システムを1ヶ月で立ち上げ、医学部生の教育に活用。さらに、コロナ禍の情報共有手段として群馬県と埼玉県の29の病院や機関とも連携させた。それらの経験を基に、故郷である高知県に弊社を立ち上げる。

【代表の小話】本当に無料ツールでいいですか?

 平素よりラネットをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。代表の吉良です。

 大変な暑さがやってきました。東京は38度とか。私自身も東京へ出張に行くことがあるのですが、本当に「危険な暑さ」という言葉がぴったりで困ります。私自身はむしろ「高知の日陰がもっと涼しい」と思っております。弊社のオフィスがある高知市中心部は、川の風と海の風が吹いているので、日陰に入ってしまえば涼しく感じます。もっとも、日差しは容赦がなく、土佐弁で日に焼けることは「焦げる」なんていうほどなのですが。

 さておき、弊社に寄せられるご意見で最近多いものがありまして。それは

「無料ツールがたくさんあるから大丈夫です」

というご意見です。

 無料ツールって便利ですよね。なんにしろお金がかからない。気軽にすぐ使える。官公庁とかなら「入札」やら「決裁」が必要だと思うのですが、それが無くフリーで使えるのは心理的にも効果絶大だと思います。

 しかし、ご注意いただきたい。近年、様々なサービスが、有料プランへの誘導とも思える動きをしてきました。とあるウェブ会議サービスは時間制限を設け、とあるサービスは、利用の際にクレジットカード番号を要求するようになってきました。また、これはほとんどの方が意識されていないと思いますが、いわゆる「アカウントの複数人での使いまわし」は禁止されているケースがとても多いです。禁止されている行為をすると・・・サービスが使えなくなるだけでなく、場合によっては賠償責任が発生します。その賠償責任は、利用規約によっては海外の法律が適用されることがあり、その場合は本当に容赦のない金額が襲ってきます。

 また、私も時折お世話になっておりますが、SSL証明書で有名な「Let’s Encrypt」さんは、ときにはルート証明書を変更したり、高度な自動化の一方で更新ミスには不寛容であったりと、やはり便利さとリスクが一長一短です。そういえば、ルート証明書の変更で一部のモバイル端末がサービスを受けられなくなるなど、大きな影響もありましたね。

 では、お伺いします。はたして、それらのサービスは、御社の「プロフェッショナル」な業務に耐えられますか?

 無料ツールはとても素晴らしいものです。しかし、法的リスク、情報の漏洩リスクを考えると、使わないという選択をしたほうが良いこともあります。氏名や社名、メールアドレスが、一度も顔を合わせたことがないICT企業に握られるというのは怖さすら感じますし、いつも使っているサービスが突然使えなくなったら・・・。みなさんはどうされますか?

 ちょっと背筋の凍る話でしたが、ご高覧ありがとうございました。そろそろ技術的なことも書きたいですね、次回をお楽しみに。

【代表プロフィール】
吉良元、高知高専専攻科機械・電気専攻から、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程。専門は弱電系(できればデジタルなマイコン)、AI領域、オープンソースソフトウェア。群馬大学医学部附属病院先端医療開発センター助教時代に、コロナ禍における遠隔教育システムを1ヶ月で立ち上げ、医学部生の教育に活用。さらに、コロナ禍の情報共有手段として群馬県と埼玉県の29の病院や機関とも連携させた。それらの経験を基に、故郷である高知県に弊社を立ち上げる。

【代表の小話】高知から発信します!

 平素よりラネットをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。代表の吉良です。
 あまりにもサイトにコンテンツが少ないことから、私自ら情報発信をしようと決意し、恥ずかしながら筆を進めている次第であります。少々お付き合いいただけますと幸いです。

 弊社は2023年の1月に開業いたしました。おかげさまで、多くの方のご尽力を頂戴し、無事にスタートができました。心より感謝申し上げます。が、必ず聞かれる質問があります。

「なんで高知なの?」

 実は、私は深く考えていませんでした。前職は群馬県で大学病院の助教をしておりました。しかし、私の「生きる」欲がなんとなく「違うことをしてみないか?」とささやくのです。そして、「新しいことにチャレンジしたい!」という熱意だけで行動した結果、故郷の高知に戻ってきた、というのが正しいかもしれません。

 高知に戻ってきてよかったことと、そうではなかったことがあります。けれど、せっかくなので良かった方に目を向けてみましょう。まず、自然豊かなこと。そう言うと月並みな聞こえ方ですが、私は高知に帰ってきて、「鳥のさえずりで朝に目を覚ます」という経験を、10年ぶりにしました。なんと清々しい朝だったのか、と今でも感動を覚えております。「果たして群馬が都会か」、という議論はさておき、私としては10年間そのような経験がなかったものですから、とても新鮮でした。

 とはいえ、弊社が高知に立地していることは事実。ご説明に苦労することもあります。だったら、せっかくなら、高知市ではなく、もっと田舎へ引っ越そうか。そう、私達は、美味しいものと電源とネットがあれば、どこでも仕事ができるのですから。なんて考えてもみたり。

 とはいえ、すぐにどこか行くなんてことはありませんから、どうかご安心ください。かわりと言ってはなんですが、どうか、弊社を温かく見守っていただけると幸いです。

 ご高覧ありがとうございました。よければ、本当にこれでよければ、次回をお楽しみに。

【代表プロフィール】
吉良元、高知高専専攻科機械・電気専攻から、北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程。専門は弱電系(できればデジタルなマイコン)、AI領域、オープンソースソフトウェア。群馬大学医学部附属病院先端医療開発センター助教時代に、コロナ禍における遠隔教育システムを1ヶ月で立ち上げ、医学部生の教育に活用。さらに、コロナ禍の情報共有手段として群馬県と埼玉県の29の病院や機関とも連携させた。それらの経験を基に、故郷である高知県に弊社を立ち上げる。